ゆるりとフルナ

我犬フルナと共に過ごし、老犬介護について記す為に始めたブログ。その後保護犬の一時預かりを経て、2代目シャルとの生活が始まりました。

距離感

仕事の展示会会期中。
シャルも同伴出勤で奥の部屋で一人静かにしていられる時もあれば、象鳴きが出てしまうこともある。

昨日、情けないような、ため息が出る気持ちになっていた時、島友人で今年内地に戻った友人からメールが鳴った。今ギャラリーに向かってるよ~と。
彼女とはいつぶりの再会だったか?
シャルも会った事があって、吠えずに出迎えられた。

いつものようにハグして、互いに変わらないね~と確認し合う。
その後家に一緒に帰って今夜中に彼女が神奈川に帰れる時間までゆんたくし続けた。

島を出た後の諸々の気持ち。焦りとか踏ん張りとか寂しさとか諸々。

島の人間関係の距離感と本土との違いは私も戻った当初相当痛感して、何度か「あー、いま失敗した」と感じてからは自然とこちらから多く距離を持つようになった。失礼のないようにといったスタンスで、無難な線での距離感。
一時は友人を居場所をつくろうと頑張っていたけれど中々うまく繋がらず、その内にフルナの介護、シャルが来てからは留守番の事もあって外に出ていかない自分というのが当たり前になって、次第に求める事も無くなってしまった。
元々家にいるのが好きな方ではあったけど、人と出会ったり、好奇心で外に出ていくのが好きだったのに、同じ生活を続けているとまあいいかと当たり前になってしまうものなのだなと。こわいね。

このまま外の世界との繋がりが希薄な日々が続くのか、転機があってまた外に出ていくのか、この先住む場所すら分からないけど、居場所を求めてそれが上手く行かなかったら「ここじゃない」と動くのはイヤなスパイラルに入りそうで嫌だな。
ただ単純に、「ここに来ると気持ちが元気になれる」っていう自然が側にある場で暮らしたい。


友人と数時間共に過ごした時間で、嫌な気持ちからかなり距離を取れた。
こんな自分でもまあアリかねって感じられるからなんだろうな、友人って有り難い。

さて。仕事ばかりでジャングルと化した庭の草刈りをしてきます。
苦手な蝉がこちらに飛んできませんように。

 

f:id:furuna:20170723081633j:plain
シャルは相変わらず「トム」がお気入り。
かなりボロボロになってきたので中の綿が見えてるけれど、愛するトムの中身を出さないように上手い事カジカジする優しきシャルさん。

f:id:furuna:20170723081644j:plain

f:id:furuna:20170723081704j:plain
鼻の穴が大きな所がチャームポイント:-)

 

 

不器用ですから。

ここずっとシャルさんを通常のお散歩以外どこにも連れて行っていない。海にも行ってないし、だいすきなちょっと離れた公園にも行ってない。

自分に器用さがないので(そうなろうと心掛けていないので多分もう身に付かない)同時に別のことを進められない。加えて愉しい事やのんびりは気掛かり無くどっぷりそこに浸りたい性分もあって、遊びや急ぎでないするべき事、すべての事に「この仕事が終わったら」の枕詞がつく。
この仕事が終わったら海に行こうね~シャル。

でもお出掛けしなくてもいつもの散歩で行く田圃コースはゆっくりのんびり歩けるし、自然の匂い満載だろうから多分満足してくれているのではなかろうかと想像している飼い主です。

f:id:furuna:20170606172901j:plain気になる穴に顔を突っ込んで、息を吹き込んで匂い取り。ズコー!ズコー!とやってます。

先日田圃散歩で初めてお会いしたジャックラッセルテリアの飼い主さんに「いつもいい子で散歩されてますよね」と褒められてびっくりした。返す言葉が出てこない位のびっくり。側に付きながら飼い主さんへのアイコンタクトもよくしてるし、とおっしゃる。
引っ張りはかなり直ってきたとは言え、私にとっては手こずった分まだ気になってる分野なので傍からそう見えている事に驚きつつ、でも本当にとても嬉しくて感謝の言葉をお伝えした。

 

昨日のお留守番練習は20分位の外出だったけれど玄関を開けたら2階から下りてきた。
嬉しくてニヤつきます。
留守番に関してその後の経過を聞かれ、1時間半出来るようになった!と喜々として話すと「たったそれだけ!」と笑われる事も多々あるけれど気にしない。
関係者にとっては感慨深い進歩だから。
シャルも人間も、努力の成果。

今までは例えば発送があって郵便局へ、とか買い物があるけれど暑くて車に乗せて行かれないとか、前日に冷凍コングを仕込んで準備していた。でも今はその準備がなくても思い立った時に用事を済ます事が出来る。すっごく楽。
助かりますシャーさん。

f:id:furuna:20170613153318j:plain
「ソレハヨカッタ。シャルモ自信ツイテキタヨ」

 

f:id:furuna:20170626140504j:plain

 

f:id:furuna:20170626140520j:plain
預かり様からいただいた鹿の角。中の髄はだいぶ減ったけど外側はやはり固くて中々減らない。

 

いい子さん

シャルさん只今寝言で吠えてます。何の夢を見ていることか。

シャルの留守番その後。
コング無しでの練習もお互い慣れてきて、留守番1時間でも安心していられる様子になってきた。

夏に向けて日の高い時間に歩きに出るのは段々きつくなってきてるので朝散歩後の丁度シャルが眠たくなっている頃に外出するようにしている。
今朝は着替えて、音楽かけて、出掛けようねとなっても玄関にすら出て来なかった。これには飼い主またちょっとビツクリ。

1時間後戻ったら玄関で喜んでいたけれどもちろん破壊ゼロだし鳴いてもいなかった。


頻繁に留守番練習は出来なくても庭や外作業で私が出ている事とか、同伴ギャラリー勤務の時に今での様に店内に私と共に居るのではなく後ろの事務所にいさせている事とか(それも最初は度々ゾウさんの如く鳴いてたけれどクリッカーなどで練習を繰り返して次第に慣れてきたみたい)、シャルの生活全般がより穏やかに過ごせてきている事とか。色んな場面がここ最近ジワジワと効いてきている様に感じる。

まだ4,5時間の留守番とかにはトライしないけれど、「いつかできる」が現実味を帯びてきたような感じのこの頃。

シャルの分離不安の件は預かり様から事前に聞いていたけれど、実際に彼女のパニックの様子を見て不安半分、希望半分からスタートした留守番練習。
一向に成果が出ない時期には100%不安、と云うか互いの今後を悲観して恐怖に近い気持ちにもなったりもした。

シャルの分離不安の鳴き声が聞こえてくる事は気持ち追い詰められるようで留守番練習はどこか気が重たいし、他の事に追われて「まあいいか」で先延ばしにしてしまう不真面目な飼い主ゆえ時間が掛かってるけど、犬は穏やかに暮らせれば本当に変わってくることを実感します。そしてとても感心する。
大胆に事を進められない神経質さプラス不真面目な飼い主のクセに「時間を掛けて結果よかった~」なんて自分の都合よく感じてもいます。

ひとえにシャルがこの1年半頑張ってきたからだよね。

いい子さん!
どうもありがとうね。

f:id:furuna:20170425131333j:plain

 

びっくり。

シャルはどうやら驚くのが好きなのかもしれないと最近思い始めた。
うちに来たばかりの頃、シャルが散歩中にフガフガ匂いを嗅いでる最中、急にびっくりして飛び上がる度に私もびっくりして飛び退いてた。キツネみたいに真上にぴょん!と飛び上がるもんで。
しかも大概が驚く対象が特にない。多分草が当たったとか風で動いたとか。

次第にシャルはびっくり星人なのだと飼い主が理解し始める。
そして最近はそれを愉しんでいるのではないかと思い始める。


風の強い日、田圃に水が入った日、突然田んぼに降りていこうとするので引き止めたら風で立つさざ波にびっくりしていた模様。
おっと!なんじゃこりゃー!を延々やってるのを見ながら愉しんでるなと思った。
(動画、風の音大きいので注意です)


shalu

この前も田圃土手でクンクン嗅ぎ中に過去最高レベルで真上に飛び上がった。目視では1M近くは飛んだような?
そのまま田圃に落ちるんじゃないかと飼い主は思わずリードを引っ張り、シャルは旋回しながら戻ってきた。脳内ではまるでスローモーション。
たまたま居合わせたシャルのお友達の柴のはなちゃんが「どーしました!えまーじぇんしーですか!!」と駆け寄ってくる表情も相まって、友達とその後爆笑が止まらなかった。

びっくり好きのシャルさん。
面白い。

 

留守番、その後。

シャルの留守番練習。冷凍コングで1時間は大体okになってきた。
でも冷凍でない普通のコングをあげて20分程度で戻ってきたら玄関で泣いていたりするのでどうしたものかなあと。

で、最近やっていなかった「普通に出掛けるフリをして鍵をかけて直ぐに戻る」を繰り返す練習も昨日から再開。以前は秒単位で戻っていたが分単位で開始。
時間を延ばしながら何回か繰り返して、6分で戻った時はなんと2階から降りてきたのでびっくりするやら嬉しいやら。
家で仕事中、CDやラジオをかけ始めるとシャルは2階に駆け上がって行くことが多い。
飼い主の想像では「音楽がなってるとあの人あそこで仕事中。だから安心して居心地のいいベッドで寝てこようっと♪」みたいな感じに見える。
昨日の練習もそのままCDをかけっぱなしにして出たから感覚的に2階に行っていたのかな~とも思う。

今日もコング無しで出掛けるフリ練習。
近所をウォーキングがてら時計を見ながら合間で家の前を通って、聞き耳を立て、泣いてなかったらまた歩くを繰り返して今日は30分間。
家に戻った時は玄関にいたけれど泣いていないし、そこらの何かを齧っていた様子も無し。そこそこ落ち着いてもいる様子。

コングは冷凍レシピでも大体20分位で食べ終わってる。
犬は留守番の最初の何十分間が一番不安だからその時間を紛らわせられたらいいという話を読んだけれど、シャルの場合[コングに夢中]→[食べ終わる]→[飼い主いない]→[食べ終わっちゃったつまんなさも相まってちょっと不安になってきた]という流れもあったりするのかな?分からないけれど。
しばらく出掛けるフリ練習も続けてみよう。
留守番せさられない為ここ1年半は私も運動不足だし一石二鳥。

留守番で泣かせてしまう事や、他犬へガウってしまう事や、失敗の経験を兎に角回避する事を心掛けてきて、それのいい面が実際あると感じている。急がば回れ的な感じで。
でも留守番に関してはもう以前のパニックな感じは無くなったので、自分が失敗経験の回避にとらわれ過ぎないようにしたいなとも思う。

 

今日は仕事中&出掛けるフリ練習も鈴木亜紀ちゃんのCD[Blue Black]をかけていた。
島にいた頃ライブで聴いて好きになった方。その時「こいのぼり」の歌詞がすーっと入ってきて、ライブ後の物販で悩んだ挙句にこのCDを選んだのだった。
石垣はある意味音楽環境が贅沢で、内地に戻ってからの方がLiveに行けていないという不思議な状況。
東京遠くて、ついね。

命日

暖かだった今日、フルナの命日。3年経ちました。

f:id:furuna:20170322113930j:plain


1年目の命日にリビーと朝散歩をしていたらテントウムシと出会って。フルナの荼毘の日に一緒にいてくれたテントウムシだったから、ちょっと驚いたけれどとても嬉しくて。
2年目、3年目の今日、シャルとの散歩中には現れませんでした。
どうしてますか~フルナ。

 

先日前のフォトフォルダをみていて、沢山あるフルナとの写真の中でもその瞬間をあっさりと思い出すことが出来るお気に入りの写真。

f:id:furuna:20080723191820j:plain
休日の夕暮れ頃、私は床に座ってフルナは横になって、景色が変わっていくのをよくこうしてずっと眺めてた。気づけば暗くなっていて、でも部屋の電気をつけるのが嫌だったなあ。眩しくて現実的だから。(ご飯食べたいから結局明るくしていたけど。)
島の夕方から夜への変化はとてもうつくしかった。

 

f:id:furuna:20070304165135j:plain

いつも行っていた海で遊んだあとの「オヤツ!」
海で散歩したいというよりも、オヤツを食べに海に行きたいフルナサン。

シャルも負けず劣らずの食いしん坊だけれど。
でも一昨日と昨日また少し嘔吐があって様子が気になりましたが今日復活してくれた。
元気でいてね。
食いしん坊バンザイだよ。

 

レバーケーキ

明日9日は長く共に居た人の命日。
互いの元同僚から今夜数年ぶりに連絡があったので「命日だからだよね」と聞いたら、いや、たまたま元気かなと思ってメールしたのだと。

ただそれだけなんだけど。人とのつながりって不思議だな~と思う。

 

シャル大好物のレバーケーキをつくった。
クリッカートレーニングの記事でレバーケーキなる存在を知って、試しに作ってみたらテンションが確実に違う。
そんなに好きならばと、後にフードプロセッサーを購入した。
最初に作った時はハンドミキサーでレバーを解体(混ぜ)したので周りに飛び散って作りながら少々具合が悪くなった為。レバーを浴びながら金輪際つくらないと心に誓った為。
フープロがあれば気軽に作れる♪と購入したのにかなり久々のレバーケーキ

200Gのレバーで結構大量に出来上がる。
近々食べそうな量は冷蔵庫へ、残りは冷凍庫へ。

 

f:id:furuna:20170308133910j:plain
作ってる最中から待ち遠しいシャルさん。

 

f:id:furuna:20170308133945j:plain
ハヤククダサイ。