読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるりとフルナ

我犬フルナと共に過ごし、老犬介護について記す為に始めたブログ。その後保護犬の一時預かりを経て、2代目シャルとの生活が始まりました。

シャルさん復活。

シャルの具合が悪くなった。

ちょうど週1の同伴出勤の日の午後、お店で急に嘔吐して1時間後には下痢も始まって次第に水のような下痢になって。
閉店後家に帰っても落ち着かず大体3時間おきの下痢と、もっと間隔の短い嘔吐が続く。胃の中は空っぽなので黄色の液を絞り出すような音とともに出すのが苦しそうで、夜中には血便も始まった。

出来るのは暖かくして、背骨にそってマッサージする事くらい。

脱水が気になってきたので犬用ポカリをつくってひと匙差し出したら自分から飲んだけれど30分後にはやはり嘔吐&下痢になるからその後は水分を与えるのを止めた。
嘔吐下痢のダブルだと水分が悩ましい。。

そんなこんなで朝を迎えたので9時過ぎに獣医さんへ。
ありがたい事に熱がないので、取り敢えず輸液と抗菌剤と下痢止めの注射をして貰って、今後嘔吐が止まれば飲み薬でいってみましょうとの事だった。症状が続くようなら病気の可能性もあるから血液検査した方がいいとの事。
家に戻って祈る気持ちで見守っていたら、その後1度軽い下痢と少しの嘔吐はあったけど久し振りに落ち着いた様子で眠り始めたその表情に少し安堵。

夕方になってご飯を用意していたら起き出してきて台所の扉の前で催促の声が聞こえたので更にホッと。消化の良さそうなおじやにした。
鶏胸をミンチ状にしてキャベツも細かく刻んで、通常の半量の発芽玄米を煮込む。いつもはそのまま与える大根おろしも火を通して、リンゴのすり下ろしをのっけてハイどうぞ。

f:id:furuna:20170120173036j:plain

右下のは下痢止めのお薬。

パクパク食べてお皿もきれいになめて普通にご馳走様。
それから飼い主は時計とにらめっこ。1時間経ち、2時間経ち、3時間。。吐かない!下痢も止まった。

翌朝には散歩だ散歩♪と部屋をルンルンで歩きすっかり元気になった。
でも1日半、辛い時間だったね~シャル。

結局原因が分からない。
獣医さんは「拾い食いやいつもと変わったことしましたか?」と言われていたけど、全くと言っていい位に思い当たるふしがなく。
でも何か原因がある筈だから、ごめんね。

 

先月父の看取りをして、シャルの具合が悪くなったのがちょうど月命日だった。

亡くなる前は家族と共に病院に1週間詰めていたので、シャルは友人のお宅とペットホテルにお願いしていました。友人宅には猫さんもいるので、散歩時猫を見つけると大興奮のシャルが追っかけたりしないか心配だったけど結構大丈夫だったようで。
ペットホテルでも私がいる間はすごく泣いていたので、後ろ髪引かれる思いを断ち切る様に立ち去って数時間後、「みんな(他のワンコたち)にご挨拶してから落ち着いて過ごしています♪」とのご報告と写真が届いて、どひゃ~と肩のチカラが抜けたのでした。
預かってくれた友人宅では、まるで家のコのようにニコニコ顔で幸せに過ごさせて貰って、友人曰く「適応力が高いと思う」と。
本当に。飼い主としてはちょっと意外なくらいだった。

安心してシャルを預けられたので家族の事に集中できる。
心配症の自分にとっては本当に有り難いことだった。

ちなみにペットホテルは酒々井のLuanaさん。シャルは以前にも爪切りでお邪魔してた。ケージインのホテルではなくてフリーか個室、夜もスタッフがいてくれるのでまだ分離不安のシャルとしてはありがたいです。

共に暮らしてまだ1年ちょっと。知らない面もまだまだあるなあと思う。

 

f:id:furuna:20170121162003j:plain
復活した朝。散歩に行こうとはしゃぐ犬。

 

f:id:furuna:20170121154448j:plain
治りました♪