読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるりとフルナ

我犬フルナと共に過ごし、老犬介護について記す為に始めたブログ。その後保護犬の一時預かりを経て、2代目シャルとの生活が始まりました。

留守番、その後。

シャルの留守番練習。冷凍コングで1時間は大体okになってきた。
でも冷凍でない普通のコングをあげて20分程度で戻ってきたら玄関で泣いていたりするのでどうしたものかなあと。

で、最近やっていなかった「普通に出掛けるフリをして鍵をかけて直ぐに戻る」を繰り返す練習も昨日から再開。以前は秒単位で戻っていたが分単位で開始。
時間を延ばしながら何回か繰り返して、6分で戻った時はなんと2階から降りてきたのでびっくりするやら嬉しいやら。
家で仕事中、CDやラジオをかけ始めるとシャルは2階に駆け上がって行くことが多い。
飼い主の想像では「音楽がなってるとあの人あそこで仕事中。だから安心して居心地のいいベッドで寝てこようっと♪」みたいな感じに見える。
昨日の練習もそのままCDをかけっぱなしにして出たから感覚的に2階に行っていたのかな~とも思う。

今日もコング無しで出掛けるフリ練習。
近所をウォーキングがてら時計を見ながら合間で家の前を通って、聞き耳を立て、泣いてなかったらまた歩くを繰り返して今日は30分間。
家に戻った時は玄関にいたけれど泣いていないし、そこらの何かを齧っていた様子も無し。そこそこ落ち着いてもいる様子。

コングは冷凍レシピでも大体20分位で食べ終わってる。
犬は留守番の最初の何十分間が一番不安だからその時間を紛らわせられたらいいという話を読んだけれど、シャルの場合[コングに夢中]→[食べ終わる]→[飼い主いない]→[食べ終わっちゃったつまんなさも相まってちょっと不安になってきた]という流れもあったりするのかな?分からないけれど。
しばらく出掛けるフリ練習も続けてみよう。
留守番せさられない為ここ1年半は私も運動不足だし一石二鳥。

留守番で泣かせてしまう事や、他犬へガウってしまう事や、失敗の経験を兎に角回避する事を心掛けてきて、それのいい面が実際あると感じている。急がば回れ的な感じで。
でも留守番に関してはもう以前のパニックな感じは無くなったので、自分が失敗経験の回避にとらわれ過ぎないようにしたいなとも思う。

 

今日は仕事中&出掛けるフリ練習も鈴木亜紀ちゃんのCD[Blue Black]をかけていた。
島にいた頃ライブで聴いて好きになった方。その時「こいのぼり」の歌詞がすーっと入ってきて、ライブ後の物販で悩んだ挙句にこのCDを選んだのだった。
石垣はある意味音楽環境が贅沢で、内地に戻ってからの方がLiveに行けていないという不思議な状況。
東京遠くて、ついね。